不動産投資でアパートオーナーになる

不動産を購入する時期としては、住宅ローンの金利が低い時期に住宅ローンを組んで購入することが良いでしょう。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

住宅ローンの金利が低い時に、不動産は購入すべきです

不動産投資でアパートオーナーになる
不動産を購入する際には、住宅ローンの金利が低い時にこそ購入を決意すべきなのです。なぜならば、多くの人がマイホームを購入する際には銀行からお金を借りて購入をします。現金一括で購入する人は、金利の影響を受けることはありませんが、住宅ローンを組む場合には、その金利によって支払う金額は大きく異なることになるのです。例えば3,000万円を35年ローンで借入をした場合に金利が1%変わると500万円以上の金額が違ってきます。返済期間が長ければ長いほど、支払金利も多くなってきますので、実質支払うお金を考えると住宅ローンの金利はとても大切です。

また、住宅ローンを借り入れる際には、変動金利か固定金利を選択する必要があります。それぞれメリット、デメリットがありますが、住宅ローン金利が低い時期に固定金利で借り入れをすることは理に適っています。今は住宅ローン金利がとても低いために、35年固定金利でお金を借り入れても年利2%程で借り入れることも可能です。このような、低金利の住宅ローンはインフレ傾向になると適用されませんので、住宅ローンを組む時期としては今がお得な時期と言えます。賢くマイホームを手に入れるためには、住宅ローンの金利が低い時に購入をするべきなのです。

オススメワード

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.