不動産投資でアパートオーナーになる

不動産において、住宅が売却されるとき、必ずしも土地も一緒に売られるわけではありません。借地もあります。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

不動産において土地が売り地とは限らない

不動産投資でアパートオーナーになる
マンションを見たとき、それが分譲になっているのか、賃貸になっているのかはわかりません。全戸が賃貸になっている場合はその旨がどこかにあるでしょう。分譲の場合は、通常は購入することになるのですが、人によっては一時的に貸したい場合があります。その場合は賃貸としての利用になります。良い物件があったと思ったら、賃貸物件だったこともあるのです。それぞれの物件がどのようになっているかを知って契約をしなければいけません。

マンションであれば、購入か賃貸かがはっきりしています。不動産において少しややこしいケースとしてあるのが住宅と土地がセットになっているケースです。住宅が割安で売りに出ていたので購入した場合です。この場合、住宅のみを購入するケースがあるのです。一般的には、住宅と土地を一緒に購入すると考えがちです。住宅のみ購入する場合としては、定期借地権の場合です。長期間土地を借りる契約をして住宅を建て、契約終了後に更地にして返します。

こういった契約の場合、住宅に住むことや建て替えなどもできますが、毎月の土地の賃料が必要になります。さらに、契約期間が終了した後に更地にしなければいけません。期間が短い場合などは、すぐに契約期間満了になってしまいます。

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.