不動産投資でアパートオーナーになる

不動産において、セットバックが必要な家付き土地の場合、敷地面積いっぱいに家が建てられません。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

不動産でセットバックが必要とはどのようなことか

不動産投資でアパートオーナーになる
田舎から都会に出てきて、何年かぶりに田舎に帰ることがあります。田舎の良い所として、あまり変化がないところです。田んぼはそのまま、住んでいるところもそのままだったりします。ですから懐かしさに浸ることができるのです。逆に都会の場合は、少し離れていると一変してしまうことがあります。より住みやすくなったり、利便性が良くなる事が多いのですが、そのためにちょっとした問題が出てくることもあります。どのようなことになるか考えておきます。

良い家付き不動産を見つけたので、そちらを購入して住宅を建てかえたいと思います。そちらには家付き土地とあって、業者の電話番号なども記載されていました。そして簡単な説明を受けました。そのときに聞いた言葉として、セットバックが必要になりますとの言葉がありました。あまり聞き慣れない言葉なので何のことかわかりませんでした。聞いてみると、建てられる面積が少なくなるとのことです。どのように建てなければいけないのでしょうか。決して広い土地ではありません。

セットバックが必要とは、建て替えすることは可能だけれども、土地をその通りに使えず、下げて建てる必要があることです。ですから、少ない土地で住宅を建てなければいけないかもしれないのです。目的の家が建たないかもしれません。

オススメワード

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.