不動産投資でアパートオーナーになる

不動産において、市街化区域と市街化調整区域があります。市街化区域は住宅を建てることができるところです。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

不動産で市街化区域と市街化調整区域

不動産投資でアパートオーナーになる
あるところにおいて、10年ほど前までは山になっていました。林などで生い茂っていたのです。現在はどうなっているかといいますと、削られて宅地が造成されています。宅地ができただけでなく、新しい鉄道がそちらまで伸びています。そちらに関しては、自治体と民間団体が開発を進めようとしていたところでした。非常に大きなプロジェクトだったため一時は工事が止まっていたころもありましたが、いざ再開すると一気に宅地ができてきました。

不動産を購入するとき、その土地がどういったところかどうかを知る必要があります。自治体において、市街化区域と定めているところがあります。こちらは、住宅や商業施設などを整備することでまちづくりを進めていこうとするところです。こういったところであれば、住宅を建てることも可能になるでしょう。住むためのところと言えます。しかし、町ばかりができては困ることもあります。それなりに自然を残していかなければいけないのです。

そこで、市街化調整区域を設けることがあります。こちらは市街化を抑制する区域で、自然を残そうとするところです。こちらの土地を購入しても住宅は建てられない事が多いです。買ってから気がついても遅いことになります。

オススメワード

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.