不動産投資でアパートオーナーになる

オイルショック以降日本はバブル景気に湧きましたが、不動産がその主役であったことに間違いありません。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

バブルの主役だった不動産

不動産投資でアパートオーナーになる
オイルショック以降、日本の経済は停滞が続いていました。多少の景気変動はありましたが、どの業種でも厳しい状況が続いていた事は確かです。その為企業やオフィスの需要が低下したことによって不動産価格の上昇率は上がることなく低迷していました。一方賃金は少しずつですが上昇を続け、これによって住宅を取得できるようになった庶民が急増する結果となったのです。更に、企業も徐々に資金力を蓄え始めたことから、不動産投資への意欲が再び蘇ってきたのです。これによって日本は戦後最大のバブル景気に突入していくことになります。

こうしたバブル景気は、国民のマイホーム取得意欲を刺激し、又、今買わないと買えなくなるかもしれないという不安感を掻き立て、住宅用のマンションや一戸建て住宅が次々に売れることになったのです。既にマイホームを取得している人は、リゾートマンションや別荘に投資するようになり不動産業界はバブルブームの主役となって行きました。この状態を異常とみた当時の政府は、国土利用計画法を制定し土地取引を制限したり、不動産業界の金融総量規制を行う事で鎮静化を図りました。こうした政府の動きによって、地価の上昇などは沈静しましたが、結局は経済全体を低迷させる結果を招くことになってしまいました。

オススメワード

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.