不動産投資でアパートオーナーになる

昔から日本経済や社会生活に大きな影響を与え続けている不動産とはどの様なものを指しているのでしょうか。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

不動産とはどの様なものなのでしょうか

不動産投資でアパートオーナーになる
そもそも不動産とはどういうものなのでしょうか。広辞苑などでは民法上の意味や土地の定着物というような表現がされています。まとめると、土地そのものと、その土地に定着しているものの事を指すのです。具体的に言えば、住宅用の一戸建て、マンションやアパート、商業用のビルや工場、会社の建物など。定着物というのは植木や庭石も含まれています。

不動産はその国の経済や社会生活においてかなり重要な位置を占めていることは明らかで、日本における国民総資産のかなりの割合を占めています。バブル全盛期、不動産価格が高騰していた頃は何と国民総生産の約4割をこの不動産評価額が占めていたということもあったほどです。バブル崩壊と共に不動産の地位は少し低迷しているとはいっても、経済に重要な枠割を果たしていることには違いありません。最近では再び地価や建物の価値が上がってきている傾向もみられ、ますます不動産は注目されていくでしょう。

その重要な不動産を取り扱うのが不動産業者ということになりますが、こういった不動産に関連する業界の規模は大変大きく、その売上高規模だけを見ても、日本を代表する業種でもある鉄鋼業界の約2倍の規模と言われています。

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.