不動産投資でアパートオーナーになる

広い中古物件と小さな新築物件という不動産を比較してみると、いちばんのポイントは土地だと思います。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

広い中古不動産という選択について

不動産投資でアパートオーナーになる
不動産物件を買おうと考えるときには、自分なりにここまでなら大丈夫、と思える予算があると思います。その予算内で買える物件を探すことになりますが、そのときに迷う事の中に、中古物件にするか新築物件にするか、という選択があります。もし、同じ予算で広い土地に中古物件が建っている場合と、ちょっと狭いけれども新築物件が建っているという場合とでは、どちらにするかを決めるのをかなり悩むのではないかという気がします。それというのも、家というのはだんだんと劣化していきますから、たとえ今は新築でもいつかは古くなります。

そうなると不動産の価値はぐんぐん下がっていきますが、土地の価値というのは案外変わらないものです。津波に襲われたとかいった特異なことでもない限りは、不動産価値は土地が決める、と言ってもよいでしょう。それを考えると、広い土地に建つ中古物件も魅力的に思えてきます。中古物件のデメリットは家の修繕費がかかるということですが、それをクリアできれば、広い土地があるということは将来的にはメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。老後は一戸建てを手放してマンションに、というとき、広い土地が物を言うことになってくると思います。

オススメワード

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.