不動産投資でアパートオーナーになる

古い家が壊されて新しい家が建つと、そこに不動産取引が活発になっている雰囲気を感じ取れます。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

不動産の活発な動きについて

不動産投資でアパートオーナーになる
近頃、自宅の周辺で古い家を取り壊して、新しい家を建てる動きがあちらこちらで見られます。しばらくは売り物件として出ているのですが、その貼り紙がなくなったなあ、と思ってみていると、しばらくすると取り壊され始めるのです。その後はたいてい木造の二階建てが建ちますが、見る見るうちにできあがってしまうため、しばらく来なかっただけでもう建っている、なんてことがしょっちゅうです。古い家を取り壊すにはかなりの費用がかかると言われますが、その費用を出した上に建てる費用まで出しても、新築にしたいという人が増えているのかな、と思います。

確かにそれまで建っていた古い家は、とてもではないけれどそのままでは住みたくないような家ばかりです。真新しい家が建つとその違いがはっきりするため、そこに住もうと思っている人なら余計にそう思うに決まっています。不動産が活発に取引されていることを、古い家が壊されて新しい家が建ち、建ったと思ったらもう入居している、という状況を見ることから感じることができます。これもまた、2013年を代表する政権与党による経済活動の一つなのかな、なんて思いながら見ていますが、これがずっと続くことが理想的なのかもしれません。

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.