不動産投資でアパートオーナーになる

不動産投資は会社員には敷居が高いイメージがありますが、むしろ会社員こそ不動産投資を始めるのに適しているのです。

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

会社員だからこそできる不動産投資

不動産投資でアパートオーナーになる
私が不動産投資を始めたのは30歳の時でした。会社員である私の当時の年収は500万円程度で、高給取りとは言えない一般的な収入です。そんな私でも不動産投資を始めることができました。不動産投資とは、高利回りの収益物件を購入して利益を得ることですので、購入資金を用意する必要があります。手持ちの現金で用意をできれば良いのですが、私にはとてもそのような貯金はありませんでしたので、銀行で購入予定の収益物件を担保にする条件でお金融資してもらうように交渉をしたのです。そこで、銀行からの融資を受けることに成功をしたので、不動産投資を始めることができました。

銀行から融資を受ける際に有利となったことがあります。それは、私が会社員として安定をした収入があったことです。その収入と収益物件の担保価値を考慮した結果、融資を受けることができたのです。もし、会社員としての安定した収入が無ければ、融資を受けることは難しかったと言う事を銀行の融資担当者は私に教えてくれました。会社員が不動産投資をすることは、敷居が高いイメージがありますが、むしろ安定をした収入を得ることができる会社員こそ、不動産投資を始めるのに適しているのです。現在、私は給料以外に20万円程の利益がありますので、不動産投資を始めて良かったと感じています。

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.