不動産投資でアパートオーナーになる

不動産を利用する為に、国の法律や地方自治体の条例で、不動産利用に関する制限項目が設けられています

Contents
不動産投資でアパートオーナーになる

不動産には制限があります。

不動産投資でアパートオーナーになる
人が人と街中で生活するには、いろいろな制限を加えられて暮らしています。人が人と暮らすと言うのは、矛盾だらけであると言えるからです。ある方にとっては、利益でも、ある方にとっては、不利益である事も多いのが、世の中の現状です。人はすべて善人でもありませんし、悪人でもありません。時代劇ドラマのような勧善懲悪のように世界でもありません。そこで社会では、一定の秩序が必要になります。法治国家しての日本の姿がそこにあります。国で定めた法律や地方公共団体である自治体が定めた条例らが、その秩序の要でもあります。刑法典に触れれば、刑事罰を受けます。しかし、対国との関係に於いて、処罰を受けるのは、何も刑法犯罪だけではありません。日常の不動産に於いても、その制限が多くあります。

例えば、不動産なら、新しい土地購入しても、建物を建てようとします。一般的な取引の形態です。しかし、無秩序に何でも取引が成立するはずもありません。一般的な住居地域に、高層階のマンションが建っても、近隣住民は困ります。たとえ、自由な社会と言えど、それは履き違った物の考えです。この為、第一種や第二種と言った住居地域を指定して、人が住む地域と、商業地域を特定した地域などに区別されています。こうして私たちは、制限の中に暮らしています。

Copyright (C)2018不動産投資でアパートオーナーになる.All rights reserved.